上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
三日ほど前から口内炎に悩まされています。

当初は何が原因で口内炎になったのか、まったくわかりませんでした。

気になり出したときも、すぐによくなるだろうと、気にも止めていなかったのですが。

それが、すでに3日になります。

治る気配はまったくありません。

口のなかの上のほうにできてしまったようで、食事のときに気になって仕方がありません。

咀嚼するときにも気になりますし、飲み込もうとするときにも少し気になるのです。

これでは美味しいはずのものも美味しく感じることができません。



そういえば、このところ口内炎ができてから治るまでの時間が

かかるようになってきたような気がします。

20代の頃までは、口内炎などができても2、3日放っておけば

自然に治ってしまったものです。

ところが、今では口内炎もそうですが、

筋肉痛なども治るのが遅くなったことを実感しているのです。

まだ30代とはいえ、そんな些細なところで年をとったことを痛感せずにはいられません。



年をとると、やはり自然治癒力というものが衰えてきているのでしょうか。

以前は自分の健康のことなどさほど気にはしませんでしたが、

最近では生命保険をどうしようか、がん保険や入院保険をどうしようかなどと、

自分のこれからの健康のことが心配になりつつあります。

年をとったな、と実感するのはそんなことを心配する自分に気づいたときです。

口内炎が治りにくいくらいで何を大袈裟な、という気がしないでもありませんが、

これが30過ぎの独身男の実情なのです。
スポンサーサイト
2008.06.25 Wed l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。